マンションを購入する場合に知っておきたい住宅ローンの基本

admin   2015年8月22日   マンションを購入する場合に知っておきたい住宅ローンの基本 はコメントを受け付けていません。

マンション購入時の住宅ローンは返済優先で考える

マンションをどうやって購入するかの買い方を考える場合、一番大きな要素となるのが資金調達です。すべて自己資金というわけにはなかなかいかないでしょうから、住宅ローンを組んで資金調達することが多くなるでしょう。この場合、どれぐらい住宅ローンを借りるかについは返済優先で考えるのがいいのではないでしょうか。仮に、収入が多く銀行からたくさん貸してくれると言われても、自分の家計と将来の支出予定から冷静に考えて月々の返済額を確定し、その範囲で借りることが大切になるでしょう。

マンション購入時の住宅ローンの金利タイプの考え方

また、マンション購入のために住宅ローンを借りる場合に悩むのが借入金の金利タイプの判断かもしれません。マンションの買い方のポイントとしては重要な内容です。変動金利を選べば、当面は固定金利の場合よりも支払利息負担は少なくなるでしょう。一方、将来金利が上昇しても安心できるのが固定金利のメリットです。どちらを選ぶかによって将来の支出が変わりますので冷静な判断が必要でしょう。場合によっては、変動金利と固定金利の二本立てでローン組むという方法もあるかもしれません。

マンション購入時の借入金額と繰り上げ返済

マンションの買い方のポイントの一つである住宅ローンは、買う段階だけでなく、その後長期間に渡って返済が続くことになりますので冷静な判断が必要ですが、返済金額を増額したり、繰り上げ返済をすることで、少ない返済を多く増やすことは簡単にできます。一方、返済額を減らすのはかなり制限があるでしょう。そう考えると、余裕を持った借入金額の設定にし、余裕が出てきたら繰り上げ返済をするという方針で借入金額を決めるのがいいマンションの買い方に繋がるかもしれません。

建設中の新築マンションの見学は、マンションの一室をあしらったショールームで行うことができます。事前にどんなマンションなのかわかるので安心して購入できます。